◆夫(恋人)が DV 加害者ではないか、私は DV されているのかも、と思われている、また、自分の夫(恋人)がどのような人なのか不安で心配されている方へ」

 

 

DVの警告サイン

 

 DVが起こる可能性を、ランディ・バンクロフト(アメリカのDV加害者専門カウンセラー。アメリカで1000人を超える加害者のケースに関わっている)は自身の著書で「次の警告サインは、虐待がそのうちに、あるいはまもなく起きることを示しています」として、以下のように提示しています。

 

虐待の警告サイン


・以前の相手の女性のことを見下したように話す。

・相手の女性を見下す。

・女性が望まないようなことを彼女のためだと主張して行い、彼女が不快に感じるような寛容さをひけらかす。

・相手の女性をコントロールする。

・相手の女性を束縛する。

・どんなことでも人のせいにする。

・自己中心的

・薬やお酒を濫用する。

・セックスを強要する。

・すぐ親密な関係になろうとする。

・怒った時に相手の女性を威嚇する。

・二重規範(ダブルスタンダード:例えば異性の友達と接するのを自分にはよくて、女性にはだめだと強要するなど:NOVO加筆)を相手の女性に押し付ける。

・女性に対して否定的な考えをもっている。

・人がいるところでは相手の女性への態度が変わる。

・つけ込みやすい女性を狙う。

 

出所:ランディ・バンクロフト著(山口のり子他監訳)『DV・虐待加害者の実体を知る―あなた自身の人生を取り戻すためのガイド』明石書店 2008

 

以上の項目に心当たりがあり、不安や心配な方、日々悩んでいる方も、NOVOに一度ご相談ください。

また、大阪府下では次のような関係機関があります。

 

○行政    各地の男女共同参画センター  配偶者暴力相談支援センター

大阪市配偶者暴力相談支援センター    0643050100

大阪府女性相談センター(大阪府配偶者暴力相談支援センター)

                06694960220669467890

○弁護士: 法的・経済的なこと、及び安全の確保の相談 離婚(裁判や調停)

性暴力の実績がある女性に優しい事務所として

女性共同法律事務所  TEL 06-6947-1201  事前の予約が必要  

弁護士に相談するときに、経済的な心配があるときは「法テラス

 

○警察への相談:安全(安心)の確保、調停、裁判、保護命令、被害届(逮捕させる)など

 

●シェルター 被害者支援  DVから逃れて安全確保を求めたい時


警察や女性センター、辯護士などに言えば紹介してくれる

民間(相談・心のケア・自立支援)

  *ウィメンズネットこうべ     

  *シスターフッド大阪・ステップハウス

*しんぐるまざーずふぉーらむ大阪  

*神戸:ウィメンズネットこうべ

 

DV被害者支援の立場に立つ、精神科の病院・医師・カウンセラー

 

「女性ライフサイクル研究所」   http://www.f-lifecycle.com/
 大阪市北区天神橋  TEL06-6354-8014(完全予約制)  FAX06-6354-8015
事務局受付時間 10:00-17:00(土日祝除く)MAILinfo@f-lifecycle.com


フェミニスト・カウンセリング  堺、京都、・・・

 

「ウィメンズセンター大阪」

連絡先 大阪市阿倍野区 電話番号06-6632-7011

ホームページ            http://homepage3.nifty.com/wco/  

 

子どものケアが受けられるところ


 大阪:「女性ライフサイクル研究所」 

京都:「びーらぶ京都」(DV被害にあった母と子を心理教育プログラムで思案する会) 

   

シェルターをしているところに聞いてみること 

 たとえば→神戸:ウィメンズネットこうべ

TEL & FAX 078-734-1308  DV被害者無料電話相談 TEL 078-731-0324(月・水・金